5/13開催 天理大学『第1回 ホースセラピー スタートアップ講演会 』


馬術部チラシ一般向け (1)

天理大学(馬術部)でホースセラピー(動物介在療法)の取り組みが始まります。

ホースセラピーとは、アニマルセラピーのひとつで、馬に乗ったり、
馬とふれあうことなどを通じたリハビリテーションの一つで、
障害がある方の精神機能と運動機能を向上させ、
心の病気にかかった方を癒し
社会復帰を早める方法として行われている補完医療です。

この度、馬術部では、ホースセラピー(動物介在療法)を始めることになりました。

そのスタートアップを記念して、天理大学アドバイザーで、
JRA(日本中央競馬会)の一流調教師、

(一般社団法人)ホースコミュニティ代表理事である
角居勝彦氏の講演会を開催します。

角居氏は、JRAでG1を制覇する世界的名馬を育てるかたわらで、
競走馬の第二の人(馬)生を考え、
ホースセラピーの普及活動をされています。
(動物愛護という意味で社会貢献されておられます)

ホースセラピーってなに?とご興味のある方は是非お越しください。 


◇日時:5月13日(月)16:30~18:00
テーマ:馬のチカラ ~馬と私の人生
◇講師:角居勝彦 氏(天理大学アドバイザー・JRA調教師、
一般社団法人ホースコミュニティ代表理事)
◇内容:日本中央競馬会(JRA)トップ調教師で、天理大学アドバイザーの
角居勝彦先生による馬やホースセラピーの講演会です。
主催:天理大学
場所:天理大学 杣之内キャンパス 研究棟3階 第1会議室
(天理市杣之内町1050)

※学生対象の講演会ですが、学外のみなさまにも受講いただけます。
申込みは(氏名・連絡先・参加人数記入のうえ)FAXまたはemailでお願いします。
折り返しアクセス等ご連絡差し上げます。

◇申込先 FAX:0743-62-1965
email: n-tani※sta.tenri-u.ac.jp(※は@に置換してください)
【人間学部 谷口研究室】