3/28開催 『やどり』日本語字幕上映会(聞こえない人も聞こえる人もともに楽しめる字幕付き邦画バリアフリー上映会)


奈良県中途失聴・難聴者協会主催にて
2021年3月28日に日本語字幕による上映会が開催されます。

奈良を舞台に、血のつながらない家族を描く、映画『やどり』。
(あらすじ)
奈良でバームクーヘン屋を営んでいる堀部拓哉。
娘の優里と美和は成人し独立して家を出ており、
拓哉は今になってようやく元の一人暮らしに戻ったとはいえ、
寂しくないと言えば嘘になる。
そんな拓哉は最近大阪に出向くようになり、
地元の付き合いにも欠席しがちで周りの人々も心配気味。
血の繋がらないことをお互いが遠慮をしあう家族。

しかし運命は拓哉を再び宿り木として照らし始める。​

​奈良県、奈良市、天理市、田原本町、三宅町の後援と奈良各地の企業、
店舗等のご支援を受け各地でロケを行った心温まる人間模様。
ぜひご覧ください。(『やどり』公式サイトより抜粋)

公式サイトhttps://www.yadori-movie.com/

ega3

ega2

2021年3月28日(日)①10時30分~/②14時~

入場料:無料

ただし、コロナ禍であるため定員は100名様までとさせていただきます。

事前予約が必須となります。詳しくは以下資料をご覧ください。

*本イベントに関するお問い合わせは主催者までお願いいたします。

主催:奈良県中途失調・難聴者協会

「聞こえない人も聞こえる人もともに楽しめる」をテーマに今年で第5回目。

 

◎ 聞こえない人も聞こえる人もともに楽しむ字幕付き邦画上映会について
邦画に字幕を付けて、誰もが楽しめる映画会を下記のとおり開催します。
みんなが見ている映画を難聴者も字幕で楽しみたい、
そんな声から始まった取り組みです。
平成28年度奈良県中央善意銀行の助成を受け、字幕付けの技術の研修から取り組み、
活動を継続しています。
このイベントをきっかけに、難聴者への理解が深まればうれしいです。
5回目の今回は、奈良ダイハツ株式会社様をはじめ、
他各企業様の社会貢献活動のご協力を受けて実施します。
八重桜のメンバーが字幕をつけました。
残念ながら音声ガイドはついていませんが、どなたでも参加いただけます。
映画以外の部分には、情報支援として、UD トーク(音声文字変換)
・ヒアリングループを準備しています。